ムダ毛の自己処理(カミソリで脱毛等)は危険

ムダ毛を自己処理しているあなた。ちょっと待った!その自己処理が、お肌の黒ずみの原因になっているかもしれません。

 

肌は私達が思っている以上にデリケートなものです。肌は刺激や摩擦によって簡単に、肌の色が変化して黒ずんでしまいます。
また刺激を受けたり、傷が出来たりすると、肌を守ろうとして、メラノサイト(色素細胞)が活性化し、メラニン色素をたくさん作り出します。通常であれば、メラニンが作られてもターンオーバーによって、古い角質と共に剥がれ落ちていきます。ですが、繰り返し刺激を受けると、肌にダメージが蓄積されてしまい、毛穴の周辺がメラニン色素で黒ずんでしまうんです。

 

カミソリやシェーバーで、ムダ毛を剃る自己処理をしていて、カミソリ負けってしたことがないですか?
剃ること自体もそうですが、カミソリ負けや、何回も剃ることは、肌に大きな刺激なんです。

 

毛は肌とくっついています。この毛を摘まんで引っ張ることは、肌にはかなりの負担になります。毛ってスルッと抜けることはないですよね。抜けまいと必死に抵抗します。毛抜きで毛をちょっと引っ張るだけで、肌も一緒に引っ張られますよね。剃るよりもなんだか、毛根から抜けるような気がして、ついつい時間を忘れてムダ毛抜きに集中してしまいますが、毎回引っ張られる肌にしたら、たまったもんじゃないんです。この刺激の積み重ねが、黒ずみの原因になってしまいます。

 

ムダ毛処理と言えば、入浴中やお風呂上りにすることが多くないですか?
でもこれもまた、黒ずみの原因になるんです。入浴中、肌はふやけて柔らかくなっています。この時にムダ毛処理をすると、角質まで一気に剥がれてしまうんです。角質層がボロボロになるとすぐに、黒ずんでしまうんです!
お風呂上りの肌は、潤っているようで、実は乾燥しています。お風呂場を出た瞬間から、お肌は乾燥し始めているんです。乾燥している時にムダ毛処理をすると、角質層を削りとってしまって、黒ずみの原因になるんです。

 

生理前後のようなホルモンバランスが乱れている時、風邪のような抵抗力が弱くなってる時にムダ毛処理をするのは、黒ずみの原因になります!
生理中や風邪を引いてる時は、それだけで普段とは違う肌の状態になっています。いつもより更に、肌が敏感になっています。なのでちょっとした刺激が、何倍にも感じてしまい、肌が黒ずみ易くなってしまいます。

 

肌を触ってみた時、ザラザラしたりブツブツを感じたりはしませんか?これは自己処理をしている中で、ムダ毛が毛穴に詰まってしまい、それが肌への刺激となり黒ずみの原因へとなってしまうんです。

 

「あれ?私、やってる!」と当てはまるものは、いくつありましたか?当たり前のようにしていることが、黒ずみの原因になっているんですね。これでは、いくら丁寧に気を付けてやっていても、お肌がきれいにならない訳です!

 

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム(TOP)

 

黒ずみの原因は洗いすぎかも

関連ページ

黒ずみは洗いすぎが原因
黒ずみは洗いすぎが原因なのか調査してみました。
黒ずみは摩擦や蒸れが原因
女性を悩ませる黒ずみは摩擦や蒸れが原因なのか調査してみました。