自分で出来る黒ずみ対策「デリケートゾーンの黒ずみ」

自分で出来る黒ずみ対策
・デリケートゾーンの黒ずみをケアする

 

気付くと黒ずんでいるお肌。特にデリケートゾーンの黒ずみは気付きにくいし、誰かに相談と言うのもなかなか恥ずかしいもの。でも、放っておくわけにもいかないし...。そんな時に自分で出来るケアの方法をまとめました。

 

まずは、デリケートゾーンの洗い方です。
デリケートゾーンの皮膚は薄く、ダメージを受けやすい為、入浴時に刺激を与えないということが大切です。
デリケートゾーンは、弱酸性の石鹸を使って洗いましょう。今は、デリケートゾーン専用の石鹸もあるので、それを使っても良いですね!石鹸をとにかく良く泡立ててください。そしてその泡で、優しく洗ってください。ゴシゴシ洗ってはダメですよ!
また、泡パックも効果的です。

 

 

泡パックが何かと言うと、まずは石鹸をしっかり泡立てます。その泡を、デリケートゾーンにたっぷりと優しく乗せます。そしたらその状態を2分間キープ。これがデリケートゾーンの泡パックです。

 

 

月経時は、念入りに洗いたくなりますが、そんな時は、こするのではなく、泡パックの泡を押すようにして洗ってください。
また、熱いお湯は皮膚への刺激になるので、体温より少し温かい程度の温度のぬるま湯で優しく洗い流しましょう。そしてお風呂上がりは、フワフワのタオルで優しく拭いてください。

 

お風呂から出たら、下着を着けますが、この下着も素材に注意してください。
コットンやシルク、麻の素材の下着を選ぶようにしましょう。

 

黒ずみは、お肌の新陳代謝を上げれば早く解消もします。その為に、黒ずみを解消するデリケートゾーン専用のクリームの使用もお薦めです。
お肌を整える成分や、出来てしまった黒ずみを抑制して、排除する成分が豊富に含まれているのが、デリケートゾーン用の黒ずみ解消クリームです。クリームを塗ることで、肌の新陳代謝が上がり、黒ずみが解消されます。

 

と、ここまでは身体の外側からのケアについて書いてきましたが、内側からデリケートゾーンの黒ずみを解消する方法もあります。それは、バランスの良い食事です。
タンパク質、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛は、お肌の新陳代謝を促す働きがあります。つまり肉・魚介類・野菜・果物・海藻類・ナッツ類と、偏りのない食事を摂ることが、黒ずみのケアへと繋がります。毎日の食生活も黒ずみ対策になるんです。体の外側からのケアだけでなく、体の内側からのケアも、意識しましょう。

 

いかがだったでしょうか。どれも特別なことではなく、毎日の生活の中で少し意識するだけで、デリケートゾーンの黒ずみ対策になるものばかりだったと思います。明日から、いえ、今日から取り入れてみてください。

 

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム(TOP)

 

ワキの黒ずみをケアする
乳首の黒ずみをケアする

関連ページ

ワキの黒ずみをケアする
自分でできるワキの黒ずみ対策
乳首の黒ずみをケアする
自分でできる乳首の黒ずみ対策