自分で出来る黒ずみ対策「ワキの黒ずみ」

ワキの黒ずみをケアする

 

「あれ?去年はこんなに黒くなかったのに!」と、いつの間にか黒ずんでしまうワキ。夏が近付く度に、慌ててはいませんか?
そんなワキの黒ずみに効果的なセルフケアをお教えします。

 

ワキの黒ずみには、3つの原因があります。
それは、
①埋没毛等によるブツブツ黒ずみ、②毛穴の汚れによる黒ずみ、③乾燥による色素沈着による黒ずみです。

 

原因別に、セルフケアの方法を見てみましょう。

 

まずは、埋没毛等によるブツブツ黒ずみについてです。脇の毛穴が黒ずんでいるだけでなく、ブツブツしています。こんな黒ずみには、豆乳ローションを使った脇の黒ずみケアや、市販のピーリング剤を使ったセルフケアが良いでしょう。
豆乳ローションは、黒ずみの目立つ場所に塗ることで黒ずみの解消が見られます。ですが、すぐに黒ずみが改善するものではありません。数年かけて、毎日コツコツと豆乳ローションを塗り、改善していくような形になります。
ただ埋没毛は、毛抜きで無理矢理抜くことで発生しますので、これを止めることから始めましょう。

 

次に、毛穴の汚れによる黒ずみについてです。これは制汗剤やパウダーや汚れが毛穴に詰まり、皮膚が酸化して黒ずみとなっています。なので、重曹を使った黒ずみケア、皮脂詰まりの汚れを取り除く成分が入った市販の石鹸を使った脇の黒ずみケアが、良いのでしょう。
重曹を使ってのケアですが、重曹は古くなって酸化している毛穴の汚れや角質を浮き上がらせて、取れやすい状態にしてくれます。

 

ケアの方法ですが、重曹を水で溶かします。緩すぎずペーストのような固さにしてください。これを、黒ずみが気になる部分に塗る。これだけです!5分程置いたら、ぬるま湯でキレイに洗い流してください。

 

その後、ぬるま湯でキレイに洗い流すと、これだけです。これを週に1?2回程度繰り返すと効果的です。重曹入りの洗顔フォームもあるので、それを使用するのもお薦めです。
汚れや皮脂を落としたい!とゴシゴシ洗うのは逆効果になってしまうので、たっぷりの泡で優しく洗い、ぬるま湯でしっかり流すことを習慣付けましょう。

 

最後に乾燥による色素沈着による黒ずみについてです。バイオイルと言う天然精油を使った脇の黒ずみケア、クエン酸を使った脇の黒ずみケア、豆乳ローションを使った脇の黒ずみケアが、あります。
バイオイルは、ほんの1滴程度を、お風呂上りにワキに優しく塗り込みましょう。
クエン酸を使ったケアとは、クエン酸10g、精製水100cc、重曹(小さじ1)を入れて、混ぜ合わせて作るクエン酸水を使用します。クエン酸水を脇の黒ずみにムラなく塗り、5分程度放置し、念入りに洗い流すと言うものです。これを週に2回程、行います。
ワキはとてもデリケートで乾燥しやすい場所です。日頃から出来るだけ刺激や摩擦を少なくするよう心掛けたり、保湿を忘れないようにしましょう。

 

また、脇の黒ずみに効果的な成分が配合されたワキの黒ずみ専用クリームもありますので、それを使っても良いでしょう。

 

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム(TOP)

 

乳首の黒ずみをケアする
デリケートゾーンの黒ずみをケアする

関連ページ

乳首の黒ずみをケアする
自分でできる乳首の黒ずみ対策
デリケートゾーンの黒ずみをケアする
自分でできるデリケートゾーンの黒ずみ対策